TOPICS LIST
2016.12.21 : 【モリワキレーシングが2017年参戦体制を発表】
2016.1.19 : 【2016年もアジアロードレース選手権SS600クラスに参戦、2年連続のダブルエントリー】
2016.1.4 : 【モリワキレーシングがJSB1000クラス参戦を発表】
2015.9.5 : 【高橋裕紀選手を森脇応援席で応援しよう!】
2015.3.21 : 【SBK第2戦(タイ・ブリラム)サポートレースで全セッション制覇の優勝!】
2015.2.13 : 【高橋裕紀選手、「アジア選手権ロードレースSS600」フル参戦決定!】
2015.2.12 : 【モリワキレーシング2015年度MFJ全日本ロードレース選手権体制発表】
2013.12.25 : いつかまた、世界の舞台へ。
2013.12.19 : 【2014年体制発表】
高橋裕紀選手、「アジア選手権ロードレースSS600」フル参戦決定! 2015/2/13
2015年度MFJ全日本ロードレース選手権の体制発表リに続いて、Hondaさんより「2015年Hondaモータースポーツ活動計画の概要」の発表がありました。
二つのカテゴリーでフル参戦することは初めてのことになります。
変わらぬご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。
(以下、モリワキレーシングチームリリースより)
2014年MFJ全日本ロードレース選手権JGP2クラスを制し、2015年度もモリワキレーシングで全日本タイトルV2を狙う高橋裕紀選手が、アジア選手権ロードレースにMuSASHi Boon Siew Honda Racing からSS600クラスにフル参戦することが決定。全日本選手権とアジア選手権にダブルエントリー致します。
モリワキエンジニアリングはMuSASHi Boon Siew Honda Racing に対し「MORIWAKI ZERO RACINGエキゾースト」を始めとする機能部品を供給することで、高橋裕紀選手の活動を支援致します。
【高橋裕紀選手コメント】
まずは新しい挑戦の場所としてこの度の機会を作ってくださったホンダ、そしてモリワキを始めとする関係各位に感謝しています。
アジア選手権ロードレースのSS600 は全日本選手権のST600 に類似したマシンスペックですが、自分 は所謂プロダクションバイク(市販車に極めて近い状態の車両)でレースをするのが初めてだという点と、新しいサーキットでの開催もありますので楽しみです。アジア選手権には強い現地ライダーや有名な日本人ライダーも参戦していますので、楽しみながらも真剣にレースに挑み、MuSASHi Boon Siew Honda Racingの期待に応えられるよう全日本選手権同様に全力投球していきたいと思っています。レースの模様やリザルトなどはアジア選手権ロードレースの公式ホームページでも見て頂けるようなので、日本からのご声援も全日本同様に宜しくお願い致します!
アジア選手権ロードレース2015開催カレンダー
Round 1 Malaysia SEPANG International Circuit 19-APR
Round 2 Indonesia SENTUL International Circuit 07-JUN
Round 3 Japan SUZUKA International Circuit 05-JUL
Round 4 Thailand BURIRAM International Circuit 30-AUG
Round 5 Qatar LOSAIL International Circuit 03-OCT
Round 6 Thailand BURIRAM International Circuit 06-DEC
【MORIWAKIリリース】高橋裕紀選手、「アジア選手権ロードレースSS600」フル参戦決定!
【ARRC公式HP】http://jp.asiaroadracing.com/
【Hondaリリース】「2015年Hondaモータースポーツ活動計画の概要」