ARRC Round 5: -QATAR (Losail) 2015/10/3決勝
2015
2015 WSBK Buriram Support Race
2.
Chang ThaiSupport Race
Buriram
2015 ASIA
1.
Sepang
2.
Sentul
3.
Suzuka
4.
Buriram
5.
Losail
6.
Buriram
2015 JAPAN
1.
SUZUKAJSB1000のみ
鈴鹿サーキット
2.
オートポリスサーキット
3.
ツインリンクもてぎ
4.
スポーツランドSUGO
5.
ツインリンクもてぎ
6.
AUTOPOLISJSB1000のみ
オートポリスサーキット
7.
TSUKUBA
筑波サーキット
8.
岡山国際サーキット
9.
鈴鹿サーキット
2015 MotoGP JAPAN GP
15.
ツインリンクもてぎ
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
灼熱の国で手に入れたダブルウイン。怒濤の5連勝を達成!(予選:P.P. RACE 1:優勝 RACE 2:優勝)

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)アジアロードレース選手権はシリーズ第5戦を迎え、MotoGPも開催されているカタール・ロサイルサーキットで開催された。高橋にとっては、2013年にMoto2で走って以来、2年半振り。Honda CBR600RRで走るのは初めてのことだが、初日からチョイスしたタイヤに合わせてマシンをセットアップして行く。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)昼間は40度以上、日なたにいれば60度という考えられないほど暑い国だけに、当然レースはナイトレースだったが、公式予選は15時からと灼熱の中で行われた。スケジュールもフリープラクティス1~3は木曜日に、公式予選とレース1が金曜日に、レース2が土曜日という変則なものだった。高橋は、フリープラクティス1から常にトップタイムをマーク。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)レースに向けてはハードタイヤを選んでいたが、予選ではミディアムを履いたフィーリングは今ひとつ。それでも2分04秒729をマークし、ポールポジションを獲得した。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)土曜日の20時05分過ぎにスタートしたレース1。高橋は、ややフロントを浮かせてしまい3番手で1コーナーに入って行く。「他のクラスのスタートシグナルを見ていたのですが、そのときと違い、レッドで点灯している時間が長く、クラッチを握り直した瞬間にブラックアウトしたので慌ててつないだらウイリーしてしまいましたね」と高橋。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)序盤は、小山選手がトップに立ち、ユディスティラ選手と羽田選手が激しいブレーキングを見せていた。高橋は、前に出ても、ハードブレーキングを見せている2人の若手ライダーが、すぐに抜きに来ていたため、一気に抜けるときを待つことにしていた。そして、うまくスリップストリームを使い前に出た8周目の1コーナーで、後方では小山選手と羽田選手が接触転倒。高橋は、このアクシデントはレース後に知ることになるのだが、トップに立つと自分のペースで走行。そのまま2番手以下を引き離し、独走でチェッカーフラッグを受けレース1を制した。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)レース2もスタートは、うまく行かずに1コーナーで3番手、その後、2台に抜かれ5番手に下がるが、レース1の反省を生かし、チャンスがあれば早めに前に出ようと思っていた。すると最終コーナーの立ち上がりで小山選手とユディスティラ選手などの加速が鈍ったのを見ると、ここでも、うまくスリップストリームを使い一気にトップに立つことに成功する。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)そこからペースを上げた高橋は、レースを引っ張って行き、最後は独走でチェッカーフラッグを受ける。予想以上にユディスティラ選手がついてきたため引っ張る形でファステストラップは取られてしまったが、それ以外は全セッションでトップタイムをマークし、両レースを制す快勝で5連勝を達成! 今シーズン6勝目を挙げ、タイトル争いでも大きくリードを広げて最終戦を迎えることになった。

ARRC Round 5: -QATAR (Losail)高橋裕紀「今回も支えてくれるチームを始め、応援してくれている皆さんのおかげで全セッショントップタイムでダブルウインができました。レース2でファステストラップを獲れなかったのは悔しいですが、ここまで来たら最終戦のタイでも2レースとも勝って終わりたいと思っています」