Round 2: ポルトガルGP(エストリルサーキット) 2005/4/17
今シーズン初完走。ここからスタートだ!(予選:11位 決勝:7位)

Portugalトラブルでリタイアした開幕戦から1週間。第2戦がポルトガル・エストリルサーキットで行なわれた。今回は事前テストもなく初めて走るサーキット。今年は初めて走るコースが多く、これからのペースを作っていきたいところ。走り始めの金曜日、速いライダーは、さすがに後ろにつかせてくれず、単独でコースを覚えていく。土曜日の予選は11番手となり3列目からスタート。ウェットパッチの残る難しいコンディションの中、序盤はトップグループの後方につける。しかし中盤にペースが上がらずトップグループには離されてしまう。青山博一選手との6位争いとなったが、抜くことができず7位でゴールした。

高橋裕紀「予選まで思ったよりは淡々とタイムを縮めていけたし、ペースもつかめてきた。朝のウォームアップはウェットだったこともあって、3番手になれたしね。レースは青山くんとの争いになって、最後に仕掛けるポイントを決めて、仕掛けていったんだけど、抜くまでには至らなかった。悔しい思いも強いけど、今回ゴールしたことで、やっと2005年シーズンがスタートしたって感じです。ここから下がることがないように徐々に徐々に上がっていきたいです」