【全日本RR選手権第7戦(AUTOPOLIS):オートポリスでも苦闘は続く…】2018.9.2
-----
全日本ロードレース選手権第7戦が大分県・オートポリスで行われた。前戦のMOTEGI2&4レースから2週間後、その間に事前テストが行われており、チームにとってはかなりのハードスケジュールとなっていた。
前週に行われた事前テストは、セットの違う2台を比較するところからスタートしたが、初日は通り雨で1時間くらいしか走れず、タイヤを選択するところまでできていなかった。2日目は施設の停電のため全く走れず、レースウイークに持ち越しとなった。
そのレースウイークも不安定な天候に悩まされることになる。金曜日の1本目は、数周ドライで走れたものの、雨が降り始め終了。2本目はウエットコンディションとなり、サスペンションセットを行いながらいいフィーリングを得ていた。
今回は土曜日に公式予選とレース1が行われる予定だったが、悪天候のためにキャンセルとなってしまい、日曜日の朝に公式予選が行われるスケジュールに急きょ変更される。迎えた日曜日は、朝から好天となり、まずはJ-GP3クラスの予選が行われた。

詳しくはレースレポートで。【REPORT】オートポリスでも苦闘は続く…
What's new
全日本ロードレース選手権
Facebook 高橋裕紀公式ファンページ