【モリワキレーシングが2017年参戦体制を発表】2016.12.21
-----
モリワキレーシングが2017年の参戦体制を発表、高橋裕紀選手のチームメイトとして清成龍一選手を起用することを明らかにした。
2017年は全日本ロードレース選手権JSB1000クラスへの継続参戦、またFIM世界耐久選手権シリーズ鈴鹿8時間耐久ロードレースへ9年振りに復帰する。
清成龍一選手は、2003年に世界最高峰2輪車レースMotoGPへ挑戦、その後ブリディッシュスーパーバイク選手権へ戦いの場を移し歴代2位となる50勝を挙げ、なおかつ歴代2位となる3度のシリーズチャンピオンを獲得する実績を持つ。鈴鹿8時間耐久ロードレースでは2005年、2008年、2010年、2011年の4回優勝、2012年はBoon Siew Honda Racing Malaysia(ブンシュウ・ホンダレーシング・マレーシア)からアジアロードレース選手権チャンピオンを獲得した。
高橋裕紀選手とは2006年、鈴鹿8耐の前哨レースだった鈴鹿300km耐久ロードレースにセブンスター ホンダからペアで参戦し、優勝を飾っている。

詳しくはトピックスで。→【TOPICS】モリワキレーシングが2017年参戦体制を発表
What's new
全日本ロードレース選手権
Facebook 高橋裕紀公式ファンページ