【SBK第2戦(タイ・ブリラム)サポートレースで全セッション制覇の優勝!】2015.3.21
-----
3月21日(土)にタイで初開催となるスーパーバイク世界選手権第2戦のサポートレースに、モリワキレーシングとともにA.P.Hondaに招かれて参戦した高橋裕紀選手。
タイ・ブリラムにあるチャン・インターナショナルサーキットは、昨年できたばかりの新しいサーキット。高橋裕紀選手も先週テスト走行したばかりで、ここでレースをするのも初めてなら、プロダクションレーサーのCBR600RRに乗るのも、溝付きのピレリタイヤを履くのも初めて。しかも高橋裕紀選手にとって2015年の最初のレースという、初めてづくしのレースとなった。
高橋裕紀選手はフリー走行1、フリー走行2、予選とトップタイムをマーク。決勝もポールポジションからホールショット(最初の第一コーナーをトップで通過)、その後はA.P.Hondaチームメイトのタイ人ライダー、スワングスワット選手を引き連れワンツー体制を築いていく。終盤は徐々にペースを上げて行き、予選タイムを0.03秒縮めるファステストラップも記録。最後は2秒差に広げてウイリーでフィニッシュラインに飛び込んだ。
MotoGP世界選手権の中量級クラスで3回の優勝経験を持つライダーとして、強大なポテンシャルを見せつける形で全セッションを制覇し、ポール・トゥ・ウインで締めくくった素晴らしいレースだった。

詳しくはMFJ SUPERBIKEさんのNewsページで。→【MFJ SUPERBIKE】高橋裕紀が貫禄の勝利!
Facebook 高橋裕紀公式ファンページ